ひどい顔汗

年々ひどくなる顔汗

ひどい顔汗

年齢とともに顔汗が気になってきた

若い頃は、それほど顔汗は気になりませんでした。しかし、40歳を過ぎると何とかしないといけないと思うくらい、顔汗が止まりません。

私は、顔汗は夏場になると悩まされます。夏は、冷えすぎに注意するために、エアコンの温度を27度に設定しています。エアコンを付けても、室温がなかなか下がらないくらい気温の時に顔汗が出てきます。常に顔汗をかいているのではと思うくらいです。

20代の頃は、少しの顔汗はあぶら取り紙で何とかなりました。メイクの上からペタペタと押さえる程度で、汗を吸い取って目立たない程度でした。仕事が事務だったので、エアコンの効いた室内でも仕事のため、汗が気にならなかったのかもしれません。

しかし、今では汗で朝から顔に汗が出てきます。メイクがうまくいきません。夏場はとても困ります。

中学の頃の顔汗

中学生の頃は、吹奏楽部に所属していました。

吹奏楽

毎日練習があり、楽器ごとに別れて練習を行います。夢中になってホルンを吹いていると、顔から汗が出ているのを感じました。

変な気持ちでしたが、練習の途中だったのでそのまま吹き続けていました。すると、先輩から「汗は拭いていいよ」と言われてしまいました。恥ずかしかったです。練習の途中でやめたくなかったので、顔汗に気が付かないふりをしていました。誰も気が付かないだろうと思っていたので、びっくりしました。同じパートの人に見られてしまい恥ずかしくて、困ってしまいました。

顔汗は、自分で思っている以上に目立つものです。このときに、顔汗には気を付けないといけないと思うようになりました。

私の顔汗対策

顔汗でメイクができない時には、無理にしないようにしています。頑張ってもすぐにメイクが崩れてきたり、ニキビができやすくなってしまうからです。

夏場は、涼しいうちに家事をこなします。一気に終わらせてしまい、冷たい水で洗顔をします。体も熱くなっているときは、下着もすべて着替えます。それでも汗が止まらないときには、、たっぷりめのアイスコーヒーを飲みます。

ブラックが好きな方はブラックで、苦みが気になるときには少し牛乳を入れます。このときに、甘みを加えるとのどがもっと乾いてしまうので入れないようにしています。飲むと、体温が下がります。同時に顔汗も止まってきます。いつもよりもエアコンを利かせて、体を顔を乾燥させてから、外出時にはメイクをします。

顔汗対策のメイク

いつもはリキッドファンデーションを使っていますが、汗が出るときには向いていません。すぐに崩れてしまうからです。夏場は顔汗対策にもなる、ミネラルファンデーションを使っています。

ミネラルファンデーションは粉なので、顔汗も粉が吸い取ってくれます。下地も粉、ファンデーションも粉なので、仕上がりはさらさらになります。仕上がりは、しっかりメイクとは違い、ナチュラルに仕上がります。毛穴対策ができるところも良い点です。

化粧直しも粉なので、顔汗が出てきても再びサラサラになれます。大きめの筆で粉をポンポンと乗せていきます。軽く肌になっていくので、塗りすぎる心配もありません。化粧崩れも気にならないので気に入っています。ミネラルファンデーションは、涼しくなるころまで使っています。

顔汗対策で顔汗とうまく付き合う

体の温度をあげないことが、顔汗対策になります。しかし、年齢とともに汗をかきやすくなってきました。

困ったときには、私はアイスコーヒーとミネラルファンデーションで顔汗対策を行っています。ずっと涼しい部屋にいると、体が冷えてしまい体調を崩してしまいます。時には思い切り汗をかいて、顔汗とうまく付き合えるように努力しています。

顔汗を止める制汗グッズランキング

続きを読む

子供

若さの秘訣、プラセンタ

私は今年で35歳になります。子供は4人。一番上の子供は、今年高校受験です。若いときに子供を生みましたが、この年になってくると、大きな子供でも子育てはまだまだ大変です。毎日襲ってくる疲れと格闘しなくてはなりません。でも、かなしいかな、たいていの女性は、外で働いていたとしても家事や子供とのコミュニケーションに笑顔で答えてあげたいと望んでいると思います。

(さらに…)

続きを読む

献血

プラセンタサプリを飲むと献血出来なくなるって本当?

全身の美容に効果を発揮するのに副作用がないと大人気のプラセンタは、化粧品やドリンク、サプリメントといろいろな形で商品になっています。いまや身近な美容成分になっています。

しかし、副作用がないものの気を付けないといけない点があります。それが献血です。
(さらに…)

続きを読む

若く見えるメイクを研究しています!

最近、どうやったら一歳でも若く見えるかというのがメイクのテーマになってる30代前半の女性です。私がいろいろやってみて、効果があったなと思ったのがいくつがあるのですが、まずひとつ目はメイクの前のスキンケアの重要性です。

メイクの前のスキンケアってすっごく大切で、化粧水、乳液でしっかり保湿することで次につけるファンデーションもすごく瑞々しくみえるんです。スキンケアをしっかりすると夕方の化粧くずれもしにくくなりますし、いいことづくめでした。

そして、ハイライトの重要性もすごいあるなと思いました。アイシャドー、チーク、リップはだいぶ研究したのですが、ハイライトってすごく脇役な感じがしていたので、使ったり使わなかったりしていたのですが、使ったほうが断然若く見えます。これ絶対です。

つけるところはCラインを言われる目の周りの外側。私は目の下までしっかりいれます。そしてポイントが鼻筋に入れるのではなく、鼻の一番低い眉間のところにいれるんです。そうすると鼻がすごく自然にスッと高く見えます。そして、そこと目頭のところにもいれると、ちょっと幼い印象になるんです。これは本当におすすめです。

そしてもうひとつがチークなのですが、これも入れるところによってとても若く見えます。私が入れるところは、まず頬です。これは当たり前ですが、顔の中心に入れると若い印象になります。外側になるにつれて大人っぽい印象になります。私は中心の方に多くいれています。火照ったような雰囲気になって幼っぽいのに、色っぽい不思議な雰囲気をつくることができます。

他にも耳たぶ、アゴにもささっといれるとすごく可愛いんです。耳たぶにいれるとちょっと火照ってるような不思議な感じになります。アゴにいれるとふんわりと優しい印象になるんです。ちなみにチークはパール感があったほうがいいですね。パン!といしたハリのある若々しい感じになるので。

メイクは奥が深いです。これからもいろいろと試して研究していきたいです。

続きを読む